皮膚の病気

愛犬の健康と病気の知識 - 犬の病名別典辞では、犬がかかりやすい病気の、・症状、・原因、・治療方法を紹介しています、このページでは主に皮膚の病気の解説をしています。

Index
アレルギー性皮膚炎 ノミアレルギー性皮膚炎 かいせん症 ツメダニ症 ニキビダニ症 膿皮症 脂漏症 皮膚真菌症

アレルギー性皮膚炎

症状
かゆみ(掻いたり、なめたり、噛んだりする) 顔や耳、足の先などの被毛が薄い部分や、足の付け根、関節の内側など皮膚がこすれあう部分に起こりやすい
原因
いろいろなアレルギー物質が体に入り、アレルギー反応をおこす
治療
アレルギー物質をとりのぞく 炎症や、かゆみは薬で治療

ノミアレルギー性皮膚炎

症状
赤いプツプツができる (耳の後ろ、腰から尻尾、お尻、後ろ足の付け根など) かゆみが強く、なめたり、掻いたりするので脱毛したりする
原因
ノミの唾液が原因でアレルギーをおこす ノミに触れることでアレルギーをおこすことも
治療
ノミの駆除 炎症や、かゆみは薬で治療

疥癬(かいせん)症

症状
強いかゆみ 皮膚が赤く腫れる フケが出る かゆみが強く、なめたり、掻いたりするので脱毛したりする
原因
イヌセンコウヒゼンダニの寄生 このダニは皮膚に穴を掘り移動するので非常に強いかゆみがおこる 皮膚の中に産卵する
治療
体に付いたダニを殺すために、薬を塗る、薬浴させるなど 炎症や、かゆみは薬で治療

※人間にも感染します!

ツメダニ症

症状
かゆみ かさぶた状の厚いフケ 掻きすぎによる皮膚のただれ 全身に広がる
原因
ツヌツメダニが寄生しておこる 厚いフケの下に隠れている
治療
薬浴

※人間にも感染します!

ニキビダニ症

症状
眼や口の周りの脱毛 皮膚がニキビのように化膿 皮膚が黒ずんで厚くなる 全身の抜け毛
原因
ニキビダニをもっている犬から感染 母犬から感染が多い
治療
投薬と、薬浴

膿皮症(のうひしょう)

症状
赤い発疹 膿 掻きすぎによる脱毛 夏に多い
原因
体力の低下時や、皮膚の傷に細菌が増殖 身近にいる細菌が原因 シャンプーが合わないことが原因の場合も
治療
塗り薬や、飲み薬による治療

脂漏症(しろうしょう)

症状
・皮脂が増えすぎ:(脂性型)
  背中、腹、耳、目の周りがべたつく  フケが出る  皮膚が臭くなる
・皮脂が少ない:(乾性型)
 皮膚が乾燥してパサパサする  フケが出る  皮膚が臭くなる
原因
脂肪、ビタミンの不足 他の皮膚病が原因となることも
治療
・脂性型の場合  脂肪酸製剤などを与える  専用シャンプーを使い皮脂を取り除く
・乾性型  保湿効果のあるシャンプーを使用  ビタミンAや亜鉛などを与える

皮膚真菌症

症状
毛がもろく切れやすくなる 円形脱毛 脱毛した部分にフケのようなものが見える
原因 真菌=カビ 真菌症にかかっている犬との接触 空気中の真菌が感染 土中の真菌が感染
治療
薬浴 内分泌性皮膚炎 甲状腺機能低下症によるもの 副腎皮質機能亢進症によるもの


愛犬の健康(食事)

検索

    カスタム検索

スポンサー

リンク

お問い合わせ

環境設定