眼の病気

愛犬の健康と病気の知識 - 犬の病名別典辞では、犬がかかりやすい病気の、・症状、・原因、・治療方法を紹介しています、このページでは主に眼の病気の解説をしています。

Index
角膜炎 結膜炎 白内障 緑内障 眼瞼内反症 眼瞼外反症

角膜炎

症状
黒目の表面を覆う角膜におこる炎症、強い痛みをともなう 涙がたくさん出る、目をつぶったままにする、足で目をこする 進行すると角膜が白く濁る
原因
角膜についた傷が原因となる場合が多い シャンプー液やアレルギーが原因の場合も
治療
点眼薬で治療する

結膜炎

症状
白目の部分や、瞼の裏側などにおこる炎症 白目が充血したり、瞼が腫れる かゆみや痛みのため、目をこすったり、顔をこすりつけたりする 涙や目ヤニが多く出る
原因
細菌感染、紫外線、埃、化学物質、アレルギーなどの刺激によって結膜に炎症がおこる
治療
埃などが原因の場合は原因となっているものを取り除く症状にあわせた点眼薬や軟膏で治療する

白内障

症状
黒目の部分(水晶体)が白く濁って見える ものが見えにくくなる、進行すると失明する
原因
老化、遺伝により低年齢で発生することもあります 糖尿やケガが原因となることも
治療
進行を遅らせる薬による治療 水晶体の手術(除去/人口水晶体など)

緑内障

症状
痛み 視力障害 目の色に赤や緑がかって見える 目が飛び出して見える
原因
目の中の眼圧が高くなり、視力に障害がおこる
治療
薬(点眼/内服薬)で房水(ぼうすい)と呼ばれる、水晶体と角膜の間にある液体を循環させる

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

症状
瞼(まぶた)が内側に巻き込んで、まつ毛が眼球に触れる
原因
生まれつきであることが多い、顔にしわが多い犬種に多い ケガや結膜炎が原因で瞼が変形することも
治療
軽度の場合は、まつ毛を抜き結膜炎や角膜炎の治療を 重度の場合は、手術で瞼の形を整える

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

症状
瞼(まぶた)が外にめくれる、瞼の内側が露出した状態 涙や目ヤニが増える 結膜炎や、角膜炎になりやすい
原因
生まれつき 顔面の神経麻痺 結膜炎からなる場合も
治療
軽度の場合は、結膜炎や角膜炎の治療を 重度の場合は、手術で瞼の矯正を


愛犬の健康(食事)

検索

    カスタム検索

スポンサー

リンク

お問い合わせ

環境設定