呼吸器の病気

愛犬の健康と病気の知識 - 犬の病名別典辞では、犬がかかりやすい病気の、・症状、・原因、・治療方法を紹介しています、このページでは主に呼吸器官におこりやすい病気の解説をしています。

Index
気管支炎 気管虚脱 軟口蓋過長症 肺炎 肺水腫 上気道感染症 僧帽弁閉鎖不全症 心室中隔欠損症 胸水

気管支炎

症状
咳(せき)が続く 咳が続き嘔吐する 運動後や、リードを引いたときに咳き込む 症状が進むと、タンがからむ
原因
気管支の炎症 細菌やウイルスによる感染 ほこりや異物の吸引 アレルギー物質による刺激 寄生虫 急性の気管支炎を繰り返すと慢性的になる
治療
ほこりや異物の吸引、アレルギー物質、寄生虫などの場合は原因物質の除去 感染の場合は抗生物質を使用 症状により、咳を鎮めたり、気管を広げる薬を使用 咳が出ている間は安静にする

気管虚脱(きかんきょだつ)

症状
いつも苦しそう 運動を嫌がる 興奮時や、食後に咳(せき)をする 咳が続く 落ち着きがなく動き回りながら咳をする 暑い日におこりやすい 呼吸困難になると体温調整ができなくなる
原因
生まれつき気管支がつぶれている 高齢や肥満で気管支が押しつぶされる
治療
気管支を広げる薬や抗炎症薬、鎮静薬の使用 首輪ではなくハーネスを使用する

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

症状
ゼーゼーと苦しそうに呼吸をする 運動を嫌がる 軟口蓋が完全に気道をふさぎ、呼吸困難になる
※チアノーゼと呼ばれる:酸欠から、唇や歯茎が紫に変色する
原因
上顎(うわあご)からのどの手前までが長すぎて、気管の入り口が狭められるために、気道が狭まりゼーゼーと苦しそうに呼吸をする 生まれつき軟口蓋が長すぎる、短頭種に多い
治療
手術で軟口蓋を切除

肺炎

症状
咳(せき) 嘔吐することも 浅く早い呼吸 ゼーゼーと呼吸する 呼吸困難 高熱
原因
気管支炎などが肺にまで及んだ状態、症状は重い ウイルス、細菌、カビ、寄生虫、刺激物などで肺に炎症がおこる
治療
抗炎症薬や、抗生物質 酸素吸入が必要な場合も

肺水腫(はいすいしゅ)

症状
呼吸困難 軽度の場合、運動時、興奮時に咳が出る 進行すると、咳が続く、ゼーゼーと呼吸音がする 苦しそうに前足を突っ張る 口を開けたまま呼吸するため、ヨダレがたれる
原因
肺に水がたまった状態 気管支炎や、心臓病が原因となることが多い 刺激性ガスや、薬物などで急性肺水腫になることも
治療
肺の中の水分を取り除くため利尿薬などを使用 肺水腫の原因となった病気の治療 早期治療が必要です

上気道感染症(じょうきどうかんせんしょう)

症状
クシャミ、咳、鼻水
原因
ケンネルコフ、ジステンバーなどの感染症 心臓 心不全・症状心臓の病気、心臓の動きに異常がおこる 不全のおきる部分などにより症状はことなる 激しい運動をすると咳(せき)が出る お腹が腫れる、足がむくむ・原因 心臓の異常、フィラリア症など、心臓の病気の総称として使われる
治療
症状に応じてことなる 強心薬、利尿薬など

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

症状
初期症状はあまりみられない 運動時に咳が出る 症状が進むと、咳が止まらなくなる 横向きに寝ると呼吸が苦しくなるので、胸を床につけて寝る
原因
左心房と左心室の間にある僧帽弁が閉じなくなる 加齢とともに症状は進行する
治療
根本治療は難しい 強心薬、利尿薬などを利用 運動制限 食事制限

心室中隔欠損症(しんちゅうかくけっそんしょう)

症状
呼吸困難 疲れやすい 発育が悪い 症状が進むと、肺水腫がおこり、咳や呼吸困難に
原因
生まれつき左右の心室の壁に穴があいている 左心室から右心室へ血液が流れることにより、肺へ送られる血液が増え、肺水腫がおこる
治療
軽度の場合は、食事療法、安静などで 重度の場合は、心薬、利尿薬などを利用

胸水

症状
息切れ ・咳 ・しゃっくり ・呼吸が速くなる
原因
肺を包んでいる膜(胸膜)の表面をなめらかに保つための胸膜液が、異常に多くたまる
・腫瘍 ・結核 ・薬物反応 ・肺の感染症など
治療
原因となる疾患の治療、排液、薬物や科学療法


愛犬の健康(食事)

検索

    カスタム検索

スポンサー

リンク

お問い合わせ

環境設定