消化器の病気

愛犬の健康と病気の知識 - 犬の病名別典辞では、犬がかかりやすい病気の、・症状、・原因、・治療方法を紹介しています、このページでは主に消化器におこりやすい病気の解説をしています。

Index
胃炎 胃捻転 胃潰瘍 腸炎:炎症性腸疾患 腸閉塞 肛門嚢炎 肝臓の病気 肝硬変 肝性脳症 腎炎 腎不全 尿毒症 膀胱炎 尿路結石 糖尿病 尿崩症

胃炎

症状
嘔吐、下痢、ゲップ、お腹を触られるのを嫌がる 食欲がない
原因
急性胃炎 ・食べすぎ ・腐ったものを食べた ・異物を飲み込んだ ・感染症 ・中毒 慢性胃炎 ・胃の運動の低下 ・ストレス ・腫瘍など ・食物アレルギー
治療
治療 異物を飲み込んだときは、吐かせたり、下剤などで排泄させたりする、場合によっては手術が必要なことも 急性の場合、通常の体力があれば1,2食抜、胃を休ませる 慢性の場合、症状にあわせた治療が必要

胃捻転(いねんてん)

症状
お腹が張る 大量のヨダレ ゲップ 息苦しそう お腹を触られるのを嫌がる
原因
食後すぐの運動など 胃が大きくなった状態で運動すると、胃がよじれる
治療
軽度の場合は胃の内容物を取り出す 完全にねじれてしまった場合は、手術で胃を元に戻し、内容物を取り除く

胃潰瘍(いかいよう)

症状
嘔吐 嘔吐物に血が混じる 便に血が混じる 腹痛 発熱
原因
腎不全や、腫瘍、肝不全が原因となることが多い 他の病気の治療薬が原因となることも
治療
原因となっている病気の治療 潰瘍の治療には胃酸を抑える薬を利用 重度の場合は手術で潰瘍の切除を

腸炎:炎症性腸疾患

症状
嘔吐 下痢 お腹が鳴る 口臭がきつくなる 水分不足から水をよく飲む
原因
食物アレルギー 寄生虫 腫瘍
治療
原因となっている病気の治療 ステロイド薬で腸の炎症を抑える

腸閉塞

症状
嘔吐 腹痛 お腹に触られるのを嫌がる 水をよく飲む 便の量が少なくなる/でなくなる 急速に悪化する
原因
異物が腸に詰まる 便秘 寄生虫 腫瘍
治療
手術で原因を取り除く

肛門嚢炎(こうもんのうえん)

症状
肛門をなめる お尻を地面にこすりつける 排便時に痛みがともなうため、鳴いたりする 肛門嚢が腫れている
原因
肛門嚢:肛門の内側にある臭い袋、ここで作られた分泌物は通常は便と一緒に排泄されている(肛門の4時、8時方向にある) 肛門嚢が細菌に感染し、炎症により、分泌物が排泄できなくなる 肛門嚢に膿がたまり、痛みや不快感がある
治療
炎症がひどい場合は抗炎症剤で治療 定期的に(シャンプー時など)肛門嚢の辺りを指で上に絞り出す

肝臓の病気

症状
初期の症状: ・肝炎、症状、食欲不振、下痢、嘔吐 症状が進むと: ・黄疸(おうだん) ・白目が黄色くなる ・筋肉の痙攣 ・お腹に水がたまる 慢性肝炎の場合、初期症状は出にくい
原因
感染症 ・犬アデノウイルス1型などのウイルス ・サルモネラ菌などの細菌 ・犬糸状虫などの寄生虫など 中毒 ・銅、砒素、水銀、鎮痛剤、麻酔薬など
治療
安静 解毒剤 タンパク質、ビタミンの摂取、低脂肪食品などで、肝臓機能の改善を

肝硬変

症状
元気がなくなる 食欲がなくなる お腹に水がたまる 黄疸 初期症状はわかりにくい
原因
肝臓に炎症が続き、肝臓の組織が硬く変質し、機能が低下
治療
治療 患部の変質を戻すことはできない 薬や食事で進行を抑え、症状をやわらげる 糖分やビタミンなどの栄養価の高いものを与える

肝性脳症

症状
食欲不振、水をたくさん飲む 脳神経が侵されると、麻痺、痙攣、失明、運動失調、こん睡状態などに
原因
血管の先天的異常で、肝臓で浄化されず、血液中に残ったアンモニアなどの毒素で、脳や神経に支障がおこる
治療
血管を正常に戻す手術 泌尿器

腎炎

症状
食欲不振 尿が減る・増える 尿の色が濃い 血尿 嘔吐 神経障害
原因
腎臓の炎症により、血液のろ過作用などが低下する アデノウイルスなどの感染 子宮蓄膿症 糖尿病など
治療
根本的治療法はない 輸液や栄養などの点滴で体内水分量の調整をし、腎臓の機能を助ける 食事の塩分量を減らす

腎不全

症状
食欲不振、嘔吐、下痢、脱水症状 急性の場合数時間で急激に悪化する
原因
腎臓の機能が低下して老廃物を排泄できずに体内にたまった状態 尿路結石が原因となることが多い 進行すると尿毒症になる
治療
輸血や薬で体内の老廃物を排泄する タンパク質を控える

尿毒症

症状
下痢、嘔吐など 尿の量が極端に少なくなる 口からアンモニア臭がする 神経が侵されると痙攣や体温の低下がおこり、死に至る場合も
原因
腎臓の機能が低下して老廃物を排泄できずに体内にたまった状態 腎炎や腎不全が進行した状態
治療

膀胱炎

症状
尿の回数が増え、量が減る 尿に膿が混じり、色が濁る 尿の匂いが強くなる 血尿
原因
尿道から細菌感染し膀胱に炎症がおこる
治療
抗生物質や抗菌薬 再発しやすいので、水分を十分に与え尿の量を増やす 腎盂腎炎(じんうじんえん) 腎臓の中心部の腎盂におこる炎症

尿路結石

症状
排尿困難、尿の量少なくなる 何度もオシッコの姿勢をとる 腹痛 血尿
原因
結石が尿管や尿道に流れる
治療
薬で結石を溶かす 結石を手術で取り除く

糖尿病

症状
水を多く飲む 痩せる 白内障 腎不全
原因
血液中のブドウ糖を利用できずに血糖値が高くなった状態 肥満 ストレス 遺伝など
治療
食事制限 運動制限 インスリンの投与 低血糖 血糖値が低い状態 糖尿病とは反対の状態 仔犬が強いストレスを受けるとおこりやすい インスリン注射の量が多すぎる

尿崩症

症状
多量に水を飲む 水の飲みすぎによる胃拡張
原因
視床下部や脳下垂体への腫瘍が原因 抗利尿ホルモンの分泌量異常 他の治療薬の影響や、腎臓・肝臓の病気が原因の場合も
治療
原因となっている投薬の中止や、病気の治療をする


愛犬の健康(食事)

検索

    カスタム検索

スポンサー

リンク

お問い合わせ

環境設定