愛犬の健康と病気の知識へようこそ 愛犬のしぐさや、体が発する病気の信号、症状、原因、対策などを解説します
【メニュー】 Sponsored-Link

鼻の病気

愛犬の健康と病気の知識 - 犬の病名別典辞では、犬がかかりやすい病気の、・症状、・原因、・治療方法を紹介しています、このページでは主に鼻の病気の解説をしています。

Index
鼻炎 副鼻腔炎 鼻腔狭窄 コリーノーズ

鼻炎

症状
軽度の場合は、さらりとした鼻水が 悪化すると膿のような鼻水が常に出る 慢性的になると鼻が詰まる
原因
鼻の粘膜の炎症、ウイルスや細菌、アレルギーによる また、鼻の骨折や、鼻腔内の腫瘍や、口の中の異常が原因となる場合もある
治療
鼻炎の原因の除去 ウイルスや細菌が原因の場合は抗生物質を、アレルギー性の場合には抗アレルギー薬を使用

<<前のページに戻る

副鼻腔炎

症状
粘り気のある鼻水、血や膿が混ざる場合も 口で息をする クシャミが出る
原因
鼻炎が悪化して、副鼻腔にまで炎症が広がった状態 歯周病などの口内の病気が原因となる場合も 慢性化すると蓄膿症になる場合も
治療
抗生物質を使用 吸入器で鼻の中に薬を噴霧 副鼻腔の壁にチューブを通し中にたまった膿などを吸い出す 蓄膿症 慢性的な副鼻腔炎のこと 鼻水に膿が混ざる 鼻水がたまって花の上のほうが硬く盛り上がる場合も

<<前のページに戻る

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)

症状
鼻の中が狭く、呼吸がしにくい状態 鼻水が飛び出したする 呼吸音がおかしい 鼻の穴がつぶれて見える 呼吸が荒くなると酸欠状態になることも
原因
生まれつき 小型の鼻が短い犬種に多い
治療
手術により、鼻の中を広げる

<<前のページに戻る

コリーノーズ

症状
日光に当たりやすい鼻先に、脱毛や、炎症がおきる 進行するとかさぶたができる
原因
紫外線による皮膚炎、メラニン色素の少ない犬が、日光に当たり鼻先に炎症をおこす
治療
強い日差しに当たらないようにする 抗炎症薬

<<前のページに戻る

Sponsored-Link
(c)2006 - 愛犬の健康と病気の知識