愛犬の健康と病気の知識へようこそ 愛犬のしぐさや、体が発する病気の信号、症状、原因、対策などを解説します
【メニュー】 Sponsored-Link

口の病気

愛犬の健康と病気の知識 - 犬の病名別典辞では、犬がかかりやすい病気の、・症状、・原因、・治療方法を紹介しています、このページでは主に口におこりやすい病気の解説をしています。

Index
歯根膿瘍 歯周病 口内炎 口唇炎

歯根膿瘍

症状
ひどい痛みがあるため食欲がなくなる 発熱
原因
歯の根元に炎症がおこり、膿がたまる 硬いものを噛んだり、ぶつけたりして、歯の付け根や神経が傷つき、細菌に感染して炎症をおこす
治療
薬を用いて炎症を鎮める 歯の神経や、歯を抜く

<<前のページに戻る

歯周病

症状
初期段階では歯肉(歯茎)の色が変わったり、腫れたりする 症状が進むと、血が出たり、腐臭が、痛みも出てきて、食事にも影響が出てくる さらに進むと、歯が長く見える、歯茎が萎縮して見える、歯がグラつくなど 酷くなると細菌が全身に回り嘔吐などがおこることも
原因
歯や、歯肉についた歯垢や歯石が原因となり、歯の付け根に炎症がおこる 炎症が歯槽骨(歯茎の内側)にまで広がり、歯が抜けることも 糖尿病や、アレルギー性の病気だったり、ホルモンのバランスが悪いとおこりやすい
治療
早期であれば、歯垢や歯石の除去 症状が進んだ場合、感染部位の除去、最悪は抜歯も 日頃からの歯磨きの習慣を

<<前のページに戻る

口内炎

症状
口中の粘膜が炎症をおこした状態、炎症の形は、赤い粒状、潰瘍状、水泡状、などいろいろ 痛みや、かゆみをともなう場合は口の周りを前足で掻く 他の病気が原因の場合は元気がなくなったりする
原因
口の中の傷などが原因となり粘膜が炎症をおこした状態 その他、歯周病やその他の病気の症状として口内炎が広がることも 病中や、高齢犬など、体力が低下していると細菌への抵抗力が落ちて口内炎になりやすい
治療
患部に抗炎症薬の塗布、または抗生物質など 食事を柔らかくするなど、患部の保護 タンパク質やビタミンの補給

<<前のページに戻る

口唇炎

症状
口を掻いたり、しきりになめたり、不快そうにする かゆみや、痛みがあるため、掻きすぎによる抜け毛 臭い
原因
ケガやアレルギーが原因で唇に炎症がおこる 草木や、食器などによる化学物質などによるアレルギーなどが主な原因
治療
患部の洗浄と、抗炎症薬で治療

<<前のページに戻る

Sponsored-Link
(c)2006 - 愛犬の健康と病気の知識