愛犬の健康と病気の知識へようこそ 愛犬のしぐさや、体が発する病気の信号、症状、原因、対策などを解説します
【メニュー】 Sponsored-Link

心臓の病気

愛犬の健康と病気の知識 - 犬の病名別典辞では、犬がかかりやすい病気の、・症状、・原因、・治療方法を紹介しています、このページでは主に心臓におこりやすい病気解説をしています。

Index
心不全 僧帽弁閉鎖不全症 心室中隔欠損症 心筋症

心不全

症状
心臓の病気、心臓の動きに異常がおこる
不全のおきる部分などにより症状はことなる
・激しい運動をすると咳(せき)が出る
・お腹が腫れる、足がむくむ
原因
心臓の異常、フィラリア症など、心臓の病気の総称として使われる
治療
症状に応じてことなる
強心薬、利尿薬など

<<前のページに戻る

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

症状
初期症状はあまりみられない

運動時に咳が出る

症状が進むと、咳が止まらなくなる

横向きに寝ると呼吸が苦しくなるので、胸を床につけて寝る
原因
左心房と左心室の間にある僧帽弁が閉じなくなる
加齢とともに症状は進行する
治療
根本治療は難しい
・強心薬、利尿薬などを利用
・運動制限
・食事制限

<<前のページに戻る

心室中隔欠損症(しんちゅうかくけっそんしょう)

症状
・呼吸困難 ・疲れやすい ・発育が悪い
・症状が進むと、肺水腫がおこり、咳や呼吸困難に
原因
生まれつき左右の心室の壁に穴があいている
左心室から右心室へ血液が流れることにより、肺へ送られる血液が増え、肺水腫がおこる

治療
軽度の場合は、食事療法、安静など
重度の場合は、心薬、利尿薬などを利用

<<前のページに戻る

心筋症

症状
・食欲不振 ・疲れやすくなる ・咳
・呼吸困難 ・失神など 死いたる場合も
原因
心臓の筋肉の構造的、機能的な異常により、心臓の収縮力が低下する
遺伝性
治療
・薬物療法 ・食事療法

<<前のページに戻る

Sponsored-Link
(c)2006 - 愛犬の健康と病気の知識