愛犬の健康と病気の知識へようこそ 愛犬のしぐさや、体が発する病気の信号、症状、原因、対策などを解説します
【メニュー】 Sponsored-Link

その他 病気など

愛犬の健康と病気の知識 - 犬の病名別典辞では、犬がかかりやすい病気の、・症状、・原因、・治療方法を解説&紹介しています。

Index
熱中症 癲癇 水頭症 くる病 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群) 副腎皮質機能低下症(アジソン病) 甲状腺機能抗進症 甲状腺機能低下症 上皮小体機能抗進症 上皮小体機能低下症 溶血性貧血 血小板減少症 高たんぱく血症 低たんぱく血症

熱中症

症状
呼吸が速くなる、苦しそうに呼吸する ヨダレ 嘔吐物に血が混じる 下痢 痙攣
原因
暑さ
治療
治療 水や氷で体を冷やす 緊急の対応が必要

<<前のページに戻る

癲癇(てんかん)

症状
痙攣 手足の硬直 口から泡を吐く 発作が30秒ぐらい続く
原因
脳の障害 低血糖 ストレス
治療
抗癲癇薬 ストレスの緩和

<<前のページに戻る

水頭症

症状
脳髄液がたまっている場所によって症状が違う 動きが鈍くなる、認知障害、足の麻痺、視力低下など 過食・食欲減退 攻撃的になる、性行動
原因
脳髄液が増えて、脳を圧迫し、障害がおこる 先天的な場合が多い、事故による障害の場合も
治療
薬物で脳圧を下げる

<<前のページに戻る

くる病

症状
足を引きずるように歩く 関節に異常がおこる 運動を嫌がる 触られるのを嫌がる 骨が弱くなっているので骨折しやすい
原因
カルシウム不足 タンパク質やリンの取りすぎでバランスがくずれることも 日光浴の不足など
治療
カルシウムの摂取

<<前のページに戻る

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

症状
多量に水を飲む 食欲が旺盛になる 被毛がパサパサになる 左右非対称の脱毛
原因
脳下垂体、副腎への腫瘍 アレルギーの治療に使われる薬 副腎からのホルモン(糖質コルチコイド)が過剰に分泌される
治療
腫瘍の切除 使用中の薬の中止 副腎皮質ホルモンの動きを抑える薬

<<前のページに戻る

副腎皮質機能低下症(アジソン病)

症状
食欲がない 抑うつ 体重の減少 ふらつく 症状は出たり、消えたりする
原因
副腎の機能低下
治療
副腎皮質ホルモンの補充

<<前のページに戻る

甲状腺機能抗進症

症状
興奮しやすい、落ち着きがなくなる たくさん食べるのに痩せてくる 脱毛 眼球が飛び出す
原因
甲状腺の動きが活発になり、過剰にホルモンが分泌される 甲状腺の腫瘍 他のホルモン異常 遺伝 ストレス
治療
治療 薬でホルモン分泌を抑える

<<前のページに戻る

甲状腺機能低下症

症状
運動を嫌がる 食欲がなくなるが体重は増える 脱毛(左右非対称) 寒さに弱くなる 悲しげな表情
原因
甲状腺ホルモンの分泌が低下 腫瘍 自己免疫反応
治療
薬でホルモンを補充

<<前のページに戻る

上皮小体機能抗進症

症状
多量の水を飲む
原因
上皮小体の機能が高まり、カルシウムの代謝に異常がおこる カルシウム不足 腎臓の病気 腫瘍
治療
食事療法 運動制限

<<前のページに戻る

上皮小体機能低下症

症状
イライラする 神経質になる 筋肉が震えたり、歩き方がぎこちなくなる 骨折しやすくなる
原因
上皮小体の機能低下でホルモン分泌が低下する 血中のカルシウム濃度不足により、神経、筋肉に障害がおこる
治療
カルシウムの補充

<<前のページに戻る

溶血性貧血

症状
ぐったりする 少し動くと息切れする 食欲がない 嘔吐 黄疸 尿の色が茶褐色になる
原因
赤血球が破壊され全身に酸素がいきわたらなくなる 玉ねぎ中毒 自己免疫異常
治療
玉ねぎ中毒の場合は吐かせる

<<前のページに戻る

血小板減少症

症状
口や鼻の粘膜や、皮膚などに小さな紫色の出血 便や尿に血が混じる 鼻血 吐血 出血が止まりにくい
原因
血液中の血小板が減少し、出血が止まりにくくなる 自己免疫異常 白血病 感染症 事故などの後遺症
治療
貧血を改善する薬物治療 栄養障害

<<前のページに戻る

高たんぱく血症

症状
嘔吐、下痢、肝炎などでおこる
原因
血液中のタンパク質が多すぎる
治療
原因となる病気の治療 食事療法

<<前のページに戻る

低たんぱく血症

症状
痩せる 毛づやが悪くなる むくみ
原因
血液中のタンパク質が少なすぎる タンパク質の不足 腎臓の病気 やけどや出血
治療
原因となる病気の治療 食事療法

<<前のページに戻る

Sponsored-Link
(c)2006 - 愛犬の健康と病気の知識